Q :以前、クレジットカードで事故を起こして「ブラック」になってしまったため、現在クレジットカードを作ることができません。
そこで考えついたのが、日本の信用情報とリンクしていないアメリカ系のクレジットカードを作成することです。アメリカ系のクレジットカードは比較的審査がユルいとも聞いています。
アメリカのカード作成法、審査事情などがわかれば、詳しく教えてください。

 

A:まずはカードの借金返済歴を作り信用情報を得る!
これは「アメリカで起業すれば、信用が出来てクレジットカードの作れる」という日本式のカード審査で思い付いたのでしょうが、日本とアメリカでは根本的に審査基準が
異なります。そのため、この方法だとアメリカでのカード発行は、まず不可能だと思われます。
 

アメリカは日本よりも入会審査の基準がはるかに厳しく、職種や勤続年数、勤務先などではなく、クレジットヒストリー(借金返済歴の信用情報)のみで審査されます。アメリカでのカード発行履歴がないということは「クレジットヒストリーがない」=「判断不可能」となり、確実に審査に落ちます。では、日本人がアメリカでクレジットカードを作成するにはどうしたらいいか?

 

それには以下のことが必要になります。

 

①日本でアメックスを作り、利用履歴を作る。アメリカでの審査の際に情報が交換されています。

 

②アメリカの日本人向けに発行されているカードに申請。しかし、これは、日本での信用情報を確認されるので、ブラックの方は無理になります。

 

③デパート、チェーン店、大型店舗など発行元のみで利用可能なハウスカードを作る。これすら審査に落ちる可能性があるので、カードではなく、分割払いを申込んで完済。これを繰り返して
信用を得る方が確実です。

 

④VISAやマスター付きのデポジットカードなど準カードを作ってヒストリーを稼ぐ。カードの限度額分のお金をカード会社や発行元銀行(シティバンク)などに預けて利用。

 

三行広告にある「ブラックでもつくれるVISAカード」というのはこれです。当然ながら、海外の銀行へ送金する必要があり、送金手数料もかかります。
 

アメリカでは「信用情報ナシ」はホワイトではなく、マイナス。借金返済歴を作り出すことができれば、ブラックでもカードが作れるかもしれませんね。

 

そして、あなたの信用力が上がれば最終的に銀行カードローンや消費者金融のキャッシングにおいても審査に通りやすくなることは間違いないでしょう。

 

参考:アメリカ法人の設立法
 

アメリカ国内で会社を設立する場合、日本同様に資本金ゼロから開業することができ、手続きなども簡単に行うことが可能だ。アメリカの会社法は州法によって定められているため、各州によって会社設立の条件は異なるが、デラウェイ州では、役員も一人から設立でき、アメリカ国籍も要らないのである。
(ハワイ州の場合は、アメリカ国籍を持つ役員が必要)
 

まず会社申請書類を提出し、続いて連邦の雇用主番号を取得、屋号や業種によっては営業許可証を申請し、銀行口座を開設すれば、アメリカで会社を設立することができるのだ。

 

日本の場合、登記などに30万~50万円ほどの設立費用がかかるが、アメリカでは100ドル程度で設立が可能。しかし、こうした外国での許可申請には、意外な費用がかかってしまうこともあるので、会社設立専門の代理店を利用した方は、確実に会社を設立することができるだろう。

f:id:cashingtycoon:20161009135321j:plain