あるモノを欲しいと思って、値段見たら高いと思って買うのをやめてようかと思った時って、そのモノの価値を感じていない気がします。

私は昔、1万くらいのコンデジを使っていたんですが、職場においてあった一眼レフを触ったときに感動して、4万くらいで一眼レフを買ったことがありました。

なんとなく一眼レフかっこいいなーとは思ってたんですが、お店で触るのもなんか怖いと思ってしまっていて、そもそも検討の範囲になかったのですが、会社にあったデジイチを触ってみると、もうとても楽しくて、細かいことはよくわからないけどすぐに買ってしまっていました。

こんな感じで、「知っている、知らない」「価値を感じている、いない」の差は結構大きいものなんだと思いました。

もちろん高額なものに高いと感じるのは普通だと思いますし、そういうものだと思います。でも、価値を感じていたら買ってしまうものなんだと思います。

逆に売る側の人は、いかに価値を伝えられるかが勝負な気がしますね。